令和6年アユ遡上調査取りまとめ

令和6年アユ遡上調査取りまとめ

 

令和6年江戸前アユの遡上調査結果 ~推定37万尾のアユが多摩川を遡上~ 

 

東京都では、都民や釣り人等から関心が高く、水産資源としても重要なアユについて、昭和58年から多摩川下流部で遡上調査を行っています。

令和6年には、推定37万尾のアユの遡上が確認されました。遡上数は昨年より減少し、近年では最も少なかった令和3年に次ぐ値となりました。

  

  <推定遡上数の推移(昭和58年~令和6年)>

  

1.調査方法

① 期 間 : 令和6年3月12日から令和6年5月28日まで

② 場 所 : 多摩川河口より11 km地点に設置した定置網

③ 算定方法 : 前日午前10時から翌日午前10時までの24時間に定置網に入ったアユを毎日数え、累計入網数から下の式により遡上数を推定しました。

 

推定遡上数=累計入網数÷入網率5.4%※

※ 入網率 : 多摩川を遡上するすべてのアユのうち、定置網に入るアユの割合 

 

2.調査結果

累計入網数 : 19,881尾

推定遡上数 : 約37万尾

 

調査開始以降、3月下旬からアユが入網し始め、4月上旬から中旬まで遡上の盛期が認められました。その後は、5月上旬ごろにまとまった遡上がみられましたが、5月中旬からはアユの入網しない日が多くなりました。調査期間を通じた魚体サイズは、平均6.5 cmで、過去10年間で2番目に高い値でした。

 

※毎日の調査結果は、 こちら に掲出しています。

 

<調査地点(大田区下丸子4丁目付近)>

  

<多摩川下流に設置した定置網>