珍魚採集報告第265号  アオイガイ

珍魚採集報告第265号  アオイガイ

アオイガイ.png

1.種名 アオイガイ Argonauta argo (Linnaeus, 1758)

     頭足綱 八腕形目 カイダコ科

2.測定結果 軟体部:全長242 mm、外套長64 mm、重量46.6 g

3.採集日 令和5年5月11日

4.採集方法 たもすくい

5.採集場所 新島前浜沖

6.採集者 漁業調査指導船みやこ

本種は広く世界の温・熱帯海域に分布し、日本では太平洋・日本海側の暖海域に分布する。メスは長さ300mmくらいの舟形の貝殻をもつ。貝殻はメスのうちわ状に広がった第一腕から分泌され、プラスチック製のようにいくらか弾力がある。殻口の両翼は張りだし、放射肋と竜骨突起は細かくて数が多い。体表は平滑で暗赤褐色である。眼は大きく、その周囲は青緑色を帯びる。オスはメスに比べきわめて小さく、1/20くらいの大きさとなる。

参考:日本近海産貝類図鑑 奥谷敏明編 東海大学出版

 新日本動物図鑑中 岡田要編 北隆館出版

    学研生物図鑑貝Ⅱ 伊藤年一編 学習研究社出版

このカテゴリー内の他のページ